改善美容 ~ プラス一度が、女を磨く ~ kms IMPROVEMENTケムズインプルーブメントサロン


無料
カウンセリング

油溶性化粧品のメリットとデメリット

油溶性化粧品とは?

油溶性化粧品とは?

油溶性化粧品と聞いてもピンときませんよね。

お化粧品には油溶性と水溶性があります。
一般的に販売されている殆どのお化粧品が油溶性になります。
基礎化粧品では、クレンジング・乳液・クリームなど、メイク用品になると下地・日焼け止め・ファンデーションなど、ほぼ油分が加えられています。
それでは、油溶性化粧品のメリットは何なのでしょうか?

 

油溶性化粧品のメリット【ツルんとしたお肌】

油溶性化粧品のメリット【ツルんとしたお肌】

油溶性化粧品の特徴として、お肌の表面に油分を与えると、表面上は光沢が出たような仕上がりで毛穴を隠し滑らかな印象になります。
また、油分の膜でお肌がしっとりとした様な感覚にもなるでしょう。
毛穴が無くなり、ツルんとしたお肌は女性の憧れです。

私も油溶性を使っていた頃は乾燥肌だったので、ファンデーションをつけると肌にツヤが出て潤った感じがしていました。

 

 

 

油溶性化粧品のデメリット【乾燥】

油溶性化粧品のデメリット【乾燥】

しかし、油溶性化粧品のデメリットとして、化粧崩れを起こしやすく、何より化粧を落とした瞬間から顔がツッパリ、乾燥が激しくなります。

例えば、ファンデーションをしっかり落としたつもりでも、頑固な油分はなかなか毛穴から離れてくれず、少しずつ残った汚れが蓄積され毛穴はどんどんひろがっていきます。
そして汚れの詰まった毛穴からは水分が思うように浸透せず、インナードライと言って、お肌の中はカラカラに乾燥してしまうのです。

 

 

 

油溶性化粧品のデメリット【ブツ】

油溶性化粧品のデメリット【ブツ】また、油溶性化粧品をご使用の方の中には、乾燥だけでなく、ブツで悩まれている方もいらっしゃることでしょう。

先ほどの段落の汚れの“詰まった毛穴を洗浄する”ために、洗浄力の強いクレンジングを使用すると、必要な皮脂まで全て取ってしまうことになります。
結果こちらも乾燥やブツなどトラブルを招く結果となってしまいます。
したがって、お肌は常に通気性が良く、毛穴は自ら皮脂や水分を調整し、コントロールできる状態に保つのが最善なのです。

 

 

油溶性化粧品のメリットとデメリット【まとめ】

油溶性化粧品のメリットとデメリット【まとめ】

油溶性化粧品は、一見、毛穴が無くなり、ツルんとした肌が手に入ったと思いがちですが、それは肌の表面に乗っている油分であって、時間の経過と共にその油分は肌に悪影響を及ぼします。

本来の素肌は自らの皮脂や水分を調整する機能を兼ね備えており、その機能をコントロールできてこそ、肌トラブルを未然に防ぐことができるといえます。

 

 

 

  • twitter
  • facebook
  • LINEで送る
田中 美和子(チーフカウンセラー)
田中 美和子(チーフカウンセラー)

女性の身体の様々な不調を少しでも楽になってもらえるよう、お客様には生活面や、好きなお食事などをお聞きします。
身体の不調を理解しようと細かく聞き過ぎたり、厳しく言ってしまう事もあって時には怖がられますが、辛い身体を何とか楽にして差し上げれないかと必死です。
健康で美しく過ごしていただけるお手伝いをさせていただければと思っております。
体質改善のメニュー立てを得意としています。
趣味:ピアノ・旅行・ファッション

FREE SUPPORT
無料カウンセリング
サロンでは無料でお客様の生活習慣を採点させていただいております。
メールから簡単に相談できる[無料カウンセリング]からお問い合わせください。
FREE SUPPORT
どこに相談すれば
いいんだろう?

あなたのお悩み、
お聞かせください。
無料カウンセリング

体質改善のエキスパートがあなたの肌質・体質について、
カウンセリングさせていただきます。
会員登録なしで、メールから簡単にご利用いただけます。

FREE SUPPORT どこに相談すればいいんだろう?あなたのお悩み、お聞かせください。無料カウンセリング 体質改善のエキスパートがあなたの肌質・体質について、カウンセリングさせていただきます。会員登録なしで、メールから簡単にご利用いただけます。