改善美容 ~ プラス一度が、女を磨く ~ kms IMPROVEMENTケムズインプルーブメントサロン


無料
カウンセリング

アレルギー体質の多い方へ

アレルギー体質、生理痛、乾燥肌、オイリー肌、外食の多い方へ

いつもケムズのブログを読んで頂き誠にありがとうございます。

 

― WE ARE WHAT WE EAT ―

「 わたしたちは食べたものでつくられている 」

 

本日は「食」に関して「油」が「体」に与える影響をお伝えさせていただきます。

アレルギー体質の多い方へ【オメガ3は体内で生成できない】

私たちの細胞膜一つ一つの原料は、「油」でできていることをご存知でしょうか。

「油」は、痛みやかゆみ、炎症にも関わり、成長期のお子様やアレルギーのある方、生理痛、乾燥肌、オイリー肌、外食の多い方など、体の細胞に大きく影響を与えます。

今ブログをご覧の皆様は、ご家庭でどのような油を使用されておられますか?

サラダ油、なたね油、マーガリン、オリーブオイル、etc…

最近では「オメガ3の油が体に良い」と耳にすることも増えてき、意識されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

油の種類はたくさんありますが、大きく2つに分けることができます。

それは、個体の油である飽和脂肪酸と液体の油である不飽和脂肪酸です。

中でも不飽和脂肪酸は、オメガ9、オメガ6、オメガ3に分かれ、中でもオメガ6、オメガ3は体内で生成できない「必須脂肪酸」と言い、細胞膜の原料となります。

このオメガ〇の数字が小さくなればなるほど、サラサラで質の良いやわらかい細胞膜をつくってくれます。

しかし、このオメガで注意しなければならないことは酸化が早いということです。

酸化した油は、「過酸化脂質」といい、どんなに質の良い油であっても酸化をしてしまうと体には悪影響を及ぼします。

また、酸化した油は隣の細胞膜にまで広がるため、酸化する前に摂取することが必要です。

アレルギー体質の多い方へ【オメガが良く含まれている食材】

下記はオメガが含まれている食材を挙げさせていただきました。

  • オメガ6:ごま、ひまわり、大豆、米、サラダ油など
  • オメガ3:亜麻仁油、えごま油、シソ油、魚

上記の食材でも手軽にオメガ3を摂取できる亜麻仁油がお勧めです。

ふたを開けたら「一日一杯」を目安に摂取しましょう。

注意点として、亜麻仁油は酸化も早いうえに光や熱にも弱いため、ふたを開けたら早めに摂取することをお勧めします。

アレルギー体質の多い方へ【まとめ】

ここまで「油」特に「オメガ」に関してお伝えしてきました。

「油」は、外食やお惣菜などあらゆるものに含まれています。

アレルギー体質、生理痛や肌荒れ、脂漏性湿疹などの症状をお持ちの方は、食生活をもう一度振り返っていただければと思います。

またオメガはサプリでも摂取することが可能です。

日本ではまだメジャーではありませんが、ヨーロッパではすでに粘膜層や皮膚にたくさんある成分としてとても人気のオメガ7も一緒に配合したサプリもあります。

一言に「油」といっても奥が深く、ここでは紹介しきれないため、もっと詳しく知られたいという方は気軽にお声がけください。

  • twitter
  • facebook
  • LINEで送る
田中 美和子(チーフカウンセラー)
田中 美和子(チーフカウンセラー)

女性の身体の様々な不調を少しでも楽になってもらえるよう、お客様には生活面や、好きなお食事などをお聞きします。
身体の不調を理解しようと細かく聞き過ぎたり、厳しく言ってしまう事もあって時には怖がられますが、辛い身体を何とか楽にして差し上げれないかと必死です。
健康で美しく過ごしていただけるお手伝いをさせていただければと思っております。
体質改善のメニュー立てを得意としています。
趣味:ピアノ・旅行・ファッション

FREE SUPPORT
無料カウンセリング
サロンでは無料でお客様の生活習慣を採点させていただいております。
メールから簡単に相談できる[無料カウンセリング]からお問い合わせください。
FREE SUPPORT
どこに相談すれば
いいんだろう?

あなたのお悩み、
お聞かせください。
無料カウンセリング

体質改善のエキスパートがあなたの肌質・体質について、
カウンセリングさせていただきます。
会員登録なしで、メールから簡単にご利用いただけます。

FREE SUPPORT どこに相談すればいいんだろう?あなたのお悩み、お聞かせください。無料カウンセリング 体質改善のエキスパートがあなたの肌質・体質について、カウンセリングさせていただきます。会員登録なしで、メールから簡単にご利用いただけます。
お電話でのご相談はこちら